輸入照明

白熱球からLED電球に交換する際のポイント

白熱球からLED電球に交換する際のポイント

●ポイント1:明るさ 明るさの基準は、ルーメン(lm)をチェック 明るさを選ぶ際、ワット(W)数を見て数値が高い方が明るいと判断する人が多いようですが、厳密に言うとそれは間違いです。白熱電球の場合、明るさは消費電力(W)で表されますが、LED電球では、明るさはルーメン(lm)の単位で示され、ルーメンの数値が高いほど光が明るいと言えます。 LED電球の場合、○○W相当の明るさと表示されている場合も多いので、参考にしましょう。白熱球と同等の明るさのLED電球を選びたい場合は下記の表をご参照下さい。 ■白熱球 口金E26 白熱球(W) 20W 30W 40W 50W 60W LED電球(lm) 170lm以上 325lm以上 485lm以上 640lm以上 810lm以上 ■ 小型電球 口金E17 白熱球(W) 25W 40W 50W LED電球(lm) 230lm以上 440lm以上 600lm以上 ●ポイント2:大きさ...

白熱球からLED電球に交換する際のポイント

●ポイント1:明るさ 明るさの基準は、ルーメン(lm)をチェック 明るさを選ぶ際、ワット(W)数を見て数値が高い方が明るいと判断する人が多いようですが、厳密に言うとそれは間違いです。白熱電球の場合、明るさは消費電力(W)で表されますが、LED電球では、明るさはルーメン(lm)の単位で示され、ルーメンの数値が高いほど光が明るいと言えます。 LED電球の場合、○○W相当の明るさと表示されている場合も多いので、参考にしましょう。白熱球と同等の明るさのLED電球を選びたい場合は下記の表をご参照下さい。 ■白熱球 口金E26 白熱球(W) 20W 30W 40W 50W 60W LED電球(lm) 170lm以上 325lm以上 485lm以上 640lm以上 810lm以上 ■ 小型電球 口金E17 白熱球(W) 25W 40W 50W LED電球(lm) 230lm以上 440lm以上 600lm以上 ●ポイント2:大きさ...

KICHLER社製照明器具の人気カラー - ブラック系 -

KICHLER社製照明器具の人気カラー - ブラック系 -

KICHLER社製照明器具の多いな特徴の一つでもある豊富なカラーバリエーションは大きな魅力の一つです。近年流行りのブラス(真鍮)風仕上げから、クリーンなイメージのクローム仕上げ、ラスティックやビンテージ調のインテリアにピッタリな古美仕上まで、狙ったインテリアテイストにピッタリな仕上げが見つかることでしょう。今回はデザインを引き立てる定番、ブラック系のカラーについて解説いたします。

KICHLER社製照明器具の人気カラー - ブラック系 -

KICHLER社製照明器具の多いな特徴の一つでもある豊富なカラーバリエーションは大きな魅力の一つです。近年流行りのブラス(真鍮)風仕上げから、クリーンなイメージのクローム仕上げ、ラスティックやビンテージ調のインテリアにピッタリな古美仕上まで、狙ったインテリアテイストにピッタリな仕上げが見つかることでしょう。今回はデザインを引き立てる定番、ブラック系のカラーについて解説いたします。

KICHLER社製照明器具の人気カラー - ブラウン系(ブロンズ) -

KICHLER社製照明器具の人気カラー - ブラウン系(ブロンズ) -

KICHLER社製照明器具の多いな特徴の一つでもある豊富なカラーバリエーションは大きな魅力の一つです。近年流行りのブラス(真鍮)風仕上げから、クリーンなイメージのクローム仕上げ、ラスティックやビンテージ調のインテリアにピッタリな古美仕上まで、狙ったインテリアテイストにピッタリな仕上げが見つかることでしょう。今回は安定の人気色ブラウン系の中でもブロンズ色仕上げについてご紹介させていただきます。

KICHLER社製照明器具の人気カラー - ブラウン系(ブロンズ) -

KICHLER社製照明器具の多いな特徴の一つでもある豊富なカラーバリエーションは大きな魅力の一つです。近年流行りのブラス(真鍮)風仕上げから、クリーンなイメージのクローム仕上げ、ラスティックやビンテージ調のインテリアにピッタリな古美仕上まで、狙ったインテリアテイストにピッタリな仕上げが見つかることでしょう。今回は安定の人気色ブラウン系の中でもブロンズ色仕上げについてご紹介させていただきます。

アンティーク&シャビーシックな空間に。KICHLER社製Hayman Bay シリーズの魅力

アンティーク&シャビーシックな空間に。KICHLER社製Hayman Bay シリーズの魅力

空間の印象を大きく左右するインテリアエレメントのひとつが照明。照明にこだわりのある空間は、インテリアのクラス感を高めてくれます。今回ご紹介するのは、品の良いホワイト系「古美塗装仕上げ」が特徴の、KICHLER(キチラー)社製「Hayman Bay(ヘイマン ベイ)」シリーズです。

アンティーク&シャビーシックな空間に。KICHLER社製Hayman Bay シリーズの魅力

空間の印象を大きく左右するインテリアエレメントのひとつが照明。照明にこだわりのある空間は、インテリアのクラス感を高めてくれます。今回ご紹介するのは、品の良いホワイト系「古美塗装仕上げ」が特徴の、KICHLER(キチラー)社製「Hayman Bay(ヘイマン ベイ)」シリーズです。